HOME > information > 2012.06.12

information

 

平成24年6月12日

お客さま情報が記載された契約書等の紛失について

東 京 ガ ス 株 式 会 社
東京ガスリース株式会社

東京ガス株式会社ならびに東京ガスリース株式会社(東京ガス100%出資子会社)は、お客さまにガス機器をリース契約でご利用いただけるサービスである「バリューリース※1」を提供しております。 

このたび、本サービスを利用されているお客さまとリース契約を締結しております東京ガスリース株式会社において、お客さま情報が記載された1987世帯分の契約書を紛失する事態が発生いたしました。

東京ガス株式会社ならびに東京ガスリース株式会社といたしまして、お客さまに大変なご迷惑ならびにご心配をおかけすることになりましたことを心からお詫び申し上げます。

※1「バリューリース」
ビルトインコンロ、ガスオーブン、暖房機能付ガス給湯器「エコジョーズ」、暖房専用熱源機、浴室暖房乾燥機、サウナ付浴室暖房乾燥機、ガス衣類乾燥機を対象とし、お客さまのご要望により、東京ガスリース(株)がお客さまとリース契約を結び、お客さまの機器使用についてリース料をお支払いいただくサービスです。東京ガス(株)から東京ガスリース(株)に機器を販売し、事務の取り扱いならびに機器の取り付け作業等は販売店である東京ガスライフバルが行っております。

このたびの事象は、東京ガスリース(株)が、2012年6月8日の午後3時頃、2010年10月から12月に契約した1987世帯分の『バリューリース契約書セット』を収めた3箱の文書保存箱を、保管していた社内の書庫から契約先の長期保管倉庫へ運搬しようとした際に紛失に気がついたものです。

紛失した『バリューリース契約書セット』は、「バリューリース契約書」、「個人情報取扱規程(個人情報の取扱に関する覚書)」、「バリューリース確認書(契約条項について補足説明する資料)」の3点の書類で、2103名分のお客さま情報(お客さま住所、氏名、電話番号、振替口座番号、リース料金等)が記載されておりました。

東京ガスリース(株)では、ただちに事務所内を捜索するとともに、契約先の倉庫内を確認しましたが本日まで発見には至っておりません。また、これまでに紛失したお客さま情報が外部に流出し利用された事実はありません。

紛失した文書保存箱を保管していた書庫は、入室カードで管理された同社本社事務所内にあり、書庫自体も同カードで管理されております。これまでの社内調査の結果から、書庫への入室記録を確認したところ外部からの不正な入室のないことを確認しており、また事務所の4箇所の出入り口に設置されている防犯カメラの記録から、社員等による文書保存箱の社外への持ち出し等のないことも確認しております。なお、これまでに複数回、同書庫に仮置きした箱詰めの廃棄書類を溶解処分しており、その近傍に紛失した文書保存箱を保管していたことから、明確な確認はできていないものの誤って紛れ込み溶解処分した可能性があると考えております。

東京ガスリース(株)では、該当するお客さまが特定できていることから、この契約者となるお客さま全員に、このたびの事情をご説明する書面を郵送し、お詫びいたします。

東京ガスグループといたしましては、お客さま情報の保護を極めて重要な事項と認識しており、このたびの事態の発生を真摯に受け止め再発の防止に努めてまいります。

お客さまの大切な情報が入った書類を紛失する事態となり、大変なご迷惑、ご心配をおかけすることになりましたことを重ねてお詫び申し上げます。

本件に関するお問合せ窓口

東京ガスリース株式会社
03-5322-1130
受付時間:平日 9:00~17:30(土日祝日年末年始を除く)